〜 大阪市西区で一緒に子育て 〜

「西区まちの活力創造プロジェクト」認定事業

ゴーゴーマミーとは

Ti2yの家族でお出かけ日帰りプラン 2月編『和歌山 南部梅林』

エンタメ/他

550-mommy初の連載企画!🌟

大阪市西区から日帰りで行けて、家族みんなが楽しめる、お出かけプランを紹介していきます。

プランを作ってくれるのは、西区在住パパ Ti2y(タイツィー)さんです。

Ti2yの家族でお出かけ日帰りプラン 2月編
『和歌山 南部梅林』 南部梅林
今回の目的地は、和歌山県日高郡みなべ町の南部梅林(地図)。

8:00 大阪市出発
阪和自動車道を和歌山方面に向かいます。
高速途中、紀の川サービスエリアで柿の葉寿司やお昼ご飯を購入!もしくはお弁当持参!

10:30 南部IC
出てすぐのファミマが、最後のお昼ご飯購入どころ。
(和歌山北ICで降りてスタンダードな和歌山ラーメンを正善にて食べていくという手もあり。)

南部町の駐車場(梅林のふもとに町民経営の駐車場。ここしかない)に、500円にて車を停めて、梅林へ徒歩30~50分。

梅林へ向かう細い坂道沿いには、梅干しを売っている店や、野菜・漬物屋さんなどが並びます。
坂道の途中で売っている、焼き立ていももちは、売り切れるので、先に買うこと。
道中は試食いっぱい、子どもも手放しで歩ける、楽しい上り坂です。

入場料 大人300円/こども100円にて、梅林入場。
中では寝転がって梅林を一望できる広場があり、ゆったりお昼ご飯を広げられます。
ー昨年までここで無料のゴザの貸し出しがあったのだけど昨年なかったので、ない場合に備えてシート必要かも。
近くにトイレもあります。

上へ上がると、またひらけた場所があります。
梅の咲く時期は、その広場で餅投げがあります。
南部観光協会のホームページによると、今年の餅投げは 2月10/11/12/17/18/24/25の13時~)
梅"
帰りは梅林から30分くらいの温泉へ。
くねくね道を通って鶴の湯温泉。ここまでの道の横に広がる梅林も素敵です。
濁った湯の温泉。露天もあります。

お湯のあとは、温泉館の隣にある宿泊館のご飯どころへ。
レストラン
ひつまぶしが美味しかったです。
ひつまぶし
いまどきでオシャレ!といったレストランではないけれど、茶粥やぼたん鍋、素朴な郷土料理メニューが豊富。

帰り道高速が混みます。
ドライバー、リポビタンD必須。


  • この記事を書いた人
  • Ti2y Ti2y(タイツィー)
    大阪市西区在住パパ。
    ビールとワインと焼酎と家族をこよなく愛する男。

※この内容は、記事作成日時点のものです。

特集記事一覧に戻る